ハクサイときのこ産地が合同でトップセールス

全農長野
「ハクサイときのこ産地が合同でトップセールス」の画像
JAと行政関係者ら

野菜の一大産地であるJA長野八ケ岳と川上村、きのこの一大産地であるJA中野市と中野市が9月中旬、東京都大田区の東京都中央卸売市場大田市場で合同トップセールスを開いた。
大田市場内の東京青果と東京荏原青果の各競り場で、JA長野八ケ岳の由井和行組合長と川上村の川上芳夫副村長、JA中野市の望月隆組合長と中野市の池田茂市長がひとりずつあいさつに立ち、鍋ものシーズンを前にハクサイときのこをPRした。
試食はJA全農長野オリジナルの「きのこを食べるスープの素」で味付けしたハクサイとキノコのスープを振る舞った。多くの買参人や来場者からは「ハクサイの甘みときのこの旨味がよく出ていて大変おいしい」と好評だった。