農水大臣賞に林さん

全農長野
「農水大臣賞に林さん」の画像
農水大臣賞を受賞した林さんと切り花

JA全農長野と同花き専門委員会は25、26の両日、長野市のJA長野県ビルで第51回信州フラワーショーサマーセレクションを開いた。県内の切り花生産者が栽培した全国一の生産量を誇るカーネーション、トルコギキョウ、アルストロメリアなどの切り花401点が出品・審査された。最高賞の農林水産大臣賞には、伊那市の林俊哉さん(JA上伊那)のトルコギキョウ「ロマリンブラン」が輝いた。
品評会は、生産者の栽培技術向上と県産の花の素晴らしさを多くの消費者に知ってもらう目的で毎年開いている。夏場開催は全国的にも珍しい。
今年は、4、5月の降霜、6月後半からは降水量が多く、日照不足や低温などにより生育の遅れがあり、品質が心配されたが、生産者の技術や努力によりレベルの高い物がそろった。
林さんのトルコギキョウは、草姿のバランスが良く、力強さや勢いもあると評価を受けた。林さんは「目標にしていた賞なのでうれしい。厳しい気候だったので、栽培は難しかった」と話した。
会場では、フラワーアレンジメントや家庭用パック切り花をお買い得価格で販売。出品花の予約販売もあり、市民らが多数来場した。その他の上位入賞者は次の通り(かっこ内は所属JA)。
◇農水省生産局長賞=名取靖(信州諏訪)スタンダードカーネーション、末広農園(上伊那)アルストロメリア
◇農水省関東農政局長賞=三井静明(信州諏訪)輪菊、原田邦彦(信州諏訪)トルコギキョウ
◇全農会長賞=中原睦男(上伊那)アルストロメリア、田中学(信州諏訪)ディスバットマム、星野仁志(信州諏訪)スタンダードカーネーション、高田正英(信州うえだ)グラジオラス