特別優秀賞に小池さん(みなみ信州)

全農長野
「特別優秀賞に小池さん(みなみ信州)」の画像
特別優秀賞に選ばれた小池さんの出品枝肉

JA全農長野はこのほど、第71回県畜産共進会肉豚の部を松本市島内の県食肉公社で開いた。県内の養豚農家から生後150日以上180日未満の肉豚枝肉が、雌2頭・去勢1頭の3頭1組で、16組48頭出品された。4人の審査委員が厳正に審査。JAみなみ信州から出品した、農事組合法人SPFこがねや第二農場の小池雅昭さんが特別優秀賞と県知事賞を受賞した。
審査委員長には、県畜産試験場の西原光男場長を迎えた。今回、3頭の枝肉重量差が審査基準のプラスマイナス5キロ以内を超える出品もみられたが、雌去勢ともに全体的に斉一性が高く品質も優秀で、養豚農家の飼養管理や出荷適齢期を見極める技術の高さが表れていた。
特別優秀賞と県知事賞に選ばれた小池さんの出品した枝肉は、雌去勢ともに、モモの厚み、締まりが素晴らしく、脂肪付着も均一で、3頭の体形がそろって優秀だった点が高く評価された。
出品者やJA畜産担当者ら50人余りが参加し、枝肉を見学し、審査講評を確認。表彰式も行った。
優秀賞は次の通り。かっこ内は出品JA名。
▽岩垂原SPF農場(松本ハイランド)大北アグリサポート白馬アルプス農場(大北)佐藤良昭(ながの)