卸会社新入社員、野菜産地で研修

JA長野八ヶ岳
「卸会社新入社員、野菜産地で研修」の画像
野菜を見ながら職員の説明を聞く参加者

JA長野八ケ岳農業部は6月下旬、南牧村でJA南牧支所と協力して、卸会社の長野県連合青果の新入社員研修を受け入れた。野菜産地研修会として集出荷施設や圃場(ほじょう)を案内した。JAでは毎年、この受け入れをしていて今年で10年目。同社新入社員9人が参加した。
農業部の会議室で、JA管内の産地概要や出荷状況などの説明を受けた後、同支所板橋集荷場に移動して野菜集出荷施設を見学。朝取り野菜を見ながら、支所職員から立体予冷庫や真空予冷施設などの説明を受けた。管内の圃場視察も行い、レタス、ハクサイ、サニーレタス、グリーンリーフなどの特徴を熱心に聞いていた。
参加した新入社員は「初めて見る物や聞く事ばかりで、とても勉強になった。研修をこれからの仕事に生かしたい」と話した。