トルコギキョウ贈る

JA中野市
「トルコギキョウ贈る」の画像
小林会長(右)からトルコギキョウを受け取る児童代表

長野県のJA中野市と同JA花き協議会は、管内産の花をもっと知ってもらおうと、市内の小中学校、高校へトルコギキョウの生花を贈った。中野小学校で7月上旬に開かれた贈呈式では、「パステル・ブルー」「ボンボヤージュ・グリーン」「セレブ・ラブリー・ピンク」などの品種と、市内で生産されている花のポスターをプレゼントした。
同協議会の小林巧会長が、児童会長と花づくり委員長へ花束を手渡した。2人はそれぞれお礼を述べた後、「生ける時には、何に気を付ければいいですか」「トルコギキョウは小学生でも作れますか」などと、協議会役員らに次々に質問し、興味津々の様子だった。小林会長らが丁寧に答えた。
小林会長は「お花を見て、『きれいだな』と思える環境や感情を育ててほしい」と話していた。トルコギキョウは校内の昇降口に飾られ、多くの児童の目を引いた。