中野市内を訪問、特産農産物PR

JA中野市
「中野市内を訪問、特産農産物PR」の画像
JA中野市産の「巨峰」を杉浦さん(左)に贈る江口組合長

中野市食の大使を務める、俳優の杉浦太陽さんが5月下旬の2日間、農産物PRのため、市内各地を訪れた。JA中野市本所では、役職員と中野産農産物について意見交換。江口栄光組合長が、特産のブドウ「巨峰」を杉浦さんに贈った。
きのこの夏のおいしい食べ方をテーマとしたバーベキューイベントに参加。杉浦さん自ら「太陽流きのこマーボー」を調理実演した。エリンギやヒラタケを参加者に振る舞うJA青年部員とも交流を深めた。
杉浦さんは「家族とバーベキューをする時は、よくきのこを入れている。ヘルシーで、調味料をつけても、そのままでもおいしい」と話した。