農業 理解深めて-JA中野市

JA中野市
「農業 理解深めて-JA中野市」の画像
原校長(右)へ教材を手渡す江口栄光組合長

JA中野市は、管内の小学校9校を代表し延徳小学校で、JAバンクアグリ・エコサポート基金が発行する食農に関する補助教材「農業とわたしたちのくらし」贈呈式を行った。江口栄光組合長が同校の原隆文校長に教材を手渡した。
原校長は「日頃からJAやJA青年部の皆さんには食農教育でご指導いただき、とても感謝しています。頂いた教材は社会科などの授業で活用し、食や農業の大切さと、地域の農業についてさらに理解を深めていきたい」と話した。
2008年から行っているJAバンク食農教育応援事業は、食や農業に関わる経済の動きや、環境と農業の密接な関わりについて学び、地域農業の発展や農業について広く理解してもらうことが狙いだ。その一環として、小学校5年生を対象とした教材を制作し、全国のJAで進呈している。
教材には「農業で働く人や地域社会のためにどのような取り組みが行われているか」といった身近なテーマや、農業や食、それに関わる金融や経済の仕組みが分かりやすくまとめられている。