ブロッコリー

ふっくら頭に栄養たっぷり。信州産のブロッコリー

店頭では外国産も出回りますが、国産は鮮度や栄養価が違います。味にクセがないため子供達にも人気が高く、どんな調理法にも良く合います。外葉がしおれておらず、茎が変色していないものを選びましょう。

知っているようで知らない ブロッコリー3つの特徴

技術が必要なブロッコリー栽培

その1 技術が必要なブロッコリー栽培

播種、育苗、栽培と一つひとつの工程に手間がかかるブロッコリーは、栽培に技術を要する野菜です。アブラナ科でアブラムシの被害を受けやすいため、マリーゴールドを植栽して土づくりから害虫予防を行っています。また、長期予報はもちろん、エルニーニョ現象やラニーニャ現象にも注目しながら栽培計画が立てられています。

ブロッコリーは出荷時の
温度管理も大切

その2 ブロッコリーは出荷時の
温度管理も大切

気温18〜23度の冷涼な気候を好むブロッコリー。出荷時にも、夏場の高温・多湿で鮮度が落ちないよう、出荷用の発泡スチロール箱に氷詰めも行い、製氷施設を整えたトラックに積み込んでいます。徹底した温度管理により、信州産ブロッコリーの品質が守られているのです。

信州産のブロッコリーは全国に出荷

その3 信州産のブロッコリーは全国に出荷

JAでは国産の安定供給に向けてブロッコリーの生産拡大を進めています。JA佐久浅間(3000トン)、JA長野八ヶ岳(1200トン)、JA信州諏訪(760トン)など、浅間山や八ヶ岳周辺の高原地域で栽培され、5月下旬から11月上旬頃まで、県内や首都圏に出荷されています。

出典:JA長野県ウェブマガジン「長野県のおいしい食べ方」

出荷数量

【生産概要】
出荷量
6,100t
出荷時期
5月上旬~11月下旬
出荷産地
小諸市・御代田町・原村 ほか