乳製品

濃厚、あま~い信州の牛乳をゴクリ

健康な牛からとれるミルクは濃厚で爽やか。ぜひ信州の豊かな自然の中で、元気に育つ牛たちの姿を思い浮かべながらご賞味ください。鮮度を保つためにもすぐに冷蔵庫に保存するようにしましょう。

知っているようで知らない 乳製品3つの特徴

冬場ものびのび快適に
過ごせるように

その1 冬場ものびのび快適に
過ごせるように

牛からおいしい牛乳を安定して絞るためには、ストレスを感じさせない環境づくりが大切です。冬は牛舎内で育てますが、牛舎内があまりに冷え込む際にはヒーターを焚き、舎内を暖めています。また、天井を高くするなど、建物内でも牛に閉塞感を与えないよう工夫をしています。

コミュニケーションで
ストレスフリーの環境を

その2 コミュニケーションで
ストレスフリーの環境を

コミュニケーションを取ることもストレスを与えない上で大切なことです。牛舎では鉄製のブラシを使ったブラッシングを行うことで皮膚病を防ぎ、牛とコミュニケーションをはかっています。牛も尻尾を振ったり、かゆい部分を押し付けてきたりして気持ちよさそうにして過ごしています。

原乳をフレッシュなまま加工

その3 原乳をフレッシュなまま加工

標高が高い野辺山周辺では、牧場と乳製品をつくる工場が多く点在しています。牧場と工場が近いため、搾乳した原乳を工場に2時間以内で届けられることが特徴です。他県から取り寄せるのとは違い、新鮮なまま加工を行うことができるので、ヨーグルトやチーズなどもフレッシュな味わいになるのです。

出典:JA長野県ウェブマガジン「長野県のおいしい食べ方」