食肉

豊かな風土でのびのびと健やか育った信州産のお肉

信州が全国に誇れる牛肉・豚肉・鶏肉は、冷涼で豊かな自然環境の中、丹精を込めて育てられています。生産から処理・加工・販売まで一貫した生産供給体制により、「おいしさ」と「安心」を食卓へお届けしています。

知っているようで知らない 食肉3つの特徴

ストレスフリーがおいしい
肉質の秘訣

その1 ストレスフリーがおいしい
肉質の秘訣

信州の牛は、餌を食べたあとはひたすらのんびりとしながら一日を過ごします。こうして寛ぐことでより一層おいしい肉質を形成されます。雄の場合は、早い段階から去勢することによって、雄が本来持っている闘争心などが取り去られ、穏やかな性格となり、肉質もキメ細やかになります。

信州黄金シャモの徹底した育成方法

その2 信州黄金シャモの徹底した育成方法

シャモと名古屋種を交配した信州ブランド鶏「信州黄金シャモ」。その歯ごたえとコクがある肉質を生むために、育成には1平方m当たり5羽以下と広い環境で平飼いされています。育成期間もブロイラーの3倍以上となる120日以上で、タンパク質やエネルギー計算した配合飼料のほか、感染症予防も徹底して行われています。

きれいな環境で育った
究極の「健康豚」

その3 きれいな環境で育った
究極の「健康豚」

豚肉を生産する上で衛生管理を徹底することをSPFを言います。信州にはSPFの認定を受けた農家が8件あり、その内4件がJAみなみ信州管内にあります。SPFの養豚場は驚くほどキレイです。飼料の運搬は洗浄・消毒を済ませた専用車、農家も豚舎へ入る時には必ず入浴または全身シャワーで身体を洗浄し、殺菌した専用着で作業を行います。キレイな環境で育ったSPF豚は、赤身が柔らかく、冷めてもおいしいことが特徴です。

出典:JA長野県ウェブマガジン「長野県のおいしい食べ方」