郷土食を作ろう/JA佐久浅間・佐久市立野沢中学校

JA佐久浅間
「郷土食を作ろう/JA佐久浅間・佐久市立野沢中学校」の画像
実演を見る生徒

JA佐久浅間は10月7日、佐久市立野沢中学校からの要請で、おやき作りに講師を派遣した。1年生が総合的な学習の一環で取り組む「ふるさと学習」のコースの一つ。郷土食への理解を深めてもらおうとJAの生活指導員やJA女性会会員が毎年、作り方を指導している。
JA女性会会員が、生地作りから具材の包み方、蒸すまでを実演。切り干し大根とじゃがバターの2品を調理した。「温度や湿度によって生地に加える水を調節するのがポイント」など、作り方をアドバイスした。
生徒は「郷土料理について勉強になった。家でも作って、家族に食べてもらいたい」と話していた。
指導したJA女性会の松本美智子さんは「今日教わったことを家で実践し、おやきの美味しさを広めてほしい」と話した。
JAは今後も、地域の食や農業への理解を深めるイベントを企画するとともに、関係機関との連携を進め、JA食農教育活動の充実に取り組んでいく。