桃出荷最盛期

JA佐久浅間
「桃出荷最盛期」の画像
選果作業をする職員

JA佐久浅間管内で、桃の出荷が最盛期を迎えている。7月7日から始まり、お盆をピークに9月上旬まで出荷する。今年は4月の凍霜害により着果量が心配されたが、その分初期成育が促され雨も少ないことから、糖度と食味も順調に仕上がっている。今年は管内や、中京、関西方面に5万ケース(1ケース5キロ)の桃の販売を見込んでいる。
選果所では生産者が収穫した桃を光センサーで色や熟度、糖度を測定し選果。傷が付かないように丁寧に手作業で箱詰めを行っている。JAは、標高が高く湿気が少なくて清涼な内陸性気候と、適度な降水量で果実栽培に適した条件を生かし、主に小諸市や佐久市、立科町で栽培。早生種の「日川白鳳」を皮切りに、8月上旬には中生種の「あかつき」がピークを迎え、8月下旬から9月上旬にかけて晩生種「川中島白桃」などを出荷する。
JA担当者は「生育状況をしっかりと見極め、適期収穫を呼び掛け、食味の良い桃を出荷したい」と話している。