JA女性部・女性総代合同勉強会 女性の意見を発信

JA中野市
「JA女性部・女性総代合同勉強会 女性の意見を発信」の画像
活発な意見が出された勉強会

JA中野市は5月18日、JA女性部とJA女性総代の合同勉強会を、同JA本所で開催し、24人が出席した。
合同勉強会は、女性組合員に、JA事業についてより知識を深めてもらい、JA運営に積極的に参画してもらうことを目的に実施された。
勉強会では、同JAの望月隆組合長が、JA中野市の事業概況や社会情勢を図やグラフなどの資料を活用しながら、わかりやすく丁寧に説明していた。
質疑応答では、4月に発生した凍霜害による対策や支援の要請、カラスやハクビシンなどによる有害鳥獣駆除対策についてなど、活発な意見や要望が出された。
望月組合長は「率直な意見が出され、有意義な勉強会になった。今後も女性が発言できる機会を増やしていきたい」と話していた。