JA中野市女性部 自ら野菜育て、自給自足率アップ

JA中野市
「JA中野市女性部 自ら野菜育て、自給自足率アップ」の画像
トマト苗を受け取るJA女性部員

JA中野市女性部は5月7日、同JA西部センター駐車場で、2品類のトマト苗と大豆「えんれい」の種子を全部員に配布した。
同部は、本年度の活動テーマのひとつに地産地消運動を掲げ、地域の食料自給力の向上を目指す。
同部の涌田恵美子部長は「一家の食卓を預かる主婦として、安心で安全な食材を使うことが、家族の健康を守る秘訣。自給自足の大切さを学ぶひとつのきっかけにしてほしい」と話した。
今後、農閑期には、部員が育てた野菜や大豆を使って料理講習会を開催する予定だ。
同部は、本年度の事業計画として、(1)食と農、(2)くらしと健康、(3)地球温暖化防止と環境問題を掲げ、食と農の大切さや伝統・文化を次世代に伝える食農教育や、アルミ缶回収などのリサイクル活動など、地域社会に貢献できる活動に力を注いでいる。