おいしい川柳に
投稿する のテーマ「川柳のコーナーは終了しました」

おいしい川柳に投稿する

川柳のコーナーは終了しましたのおいしい川柳

テーマ「信州味噌」

長野県農畜産物おいしい川柳。

今回のテーマは、長野県の「信州味噌」でした。
今回も全国からたくさんの川柳をご応募いただき、ありがとうございました。
入賞された皆さんは次の3名の方です!
入賞者の方には、国産大豆と国産米を100%使い、自然の温度でじっくり1年近く発酵熟成した「御天領味噌」をお送りします。楽しみにお待ちください。

信州味噌

いいJAん!信州大賞(1作品)

味噌汁の腕より味噌を褒められる
函館市  グリーン

<解説>初めての人に一生懸命に作った味噌汁。何時もの家族に何時もとは違い腕にヨリをかけて作った味噌汁。友人や親戚に振舞うためにせっかく作った味噌汁。何時ものように作った味噌汁。いずれにしろ、味噌汁の出来栄えよりは、味噌のおいしさを言われたのでは、作り手は少しがっかり。でも「味噌のおいしさを引き出したのは私」と少し強がり、信州の味噌に感謝です。

いいJAん!信州賞(2作品)

長野産長寿と箸がのびる味噌
八王子市  うさぎリンゴ

<解説>2019年発表の長寿県を見ると、長野県の男性は5年連続日本1位の座を滋賀県に0.03歳差で譲りましたが全国2位です。女性は昨年に続き1位をキープして男女とも長寿県のままです。味噌という発酵食品に野菜やキノコをたっぷり入れた味噌汁と御飯、牛乳や乳製品を多く摂る長野県の食生活が全国の模範となっています。減塩にも配慮した長野の味噌は最高です。

味噌汁が家族まとめでワンチーム
武蔵村山市

<解説>昨年のラグビーワールドカップで、ベスト8に進出した日本代表のチームスローガンが「ワンチーム」でした。ラグビーとは他国相手に大量失点で負けて当然と思っていた私たちに、団結が生む力を再確認させてもらいました。どこの家族も、長野県産の味噌の香りで絆を強め、互いに信頼できる生活を送れば、世の中からイジメや虐待も無くなるのではないでしょうか。

佳作(7作品)

長寿国支える味噌でおもてなし       苫小牧市  つぶ焼きイモー
信州の味噌を使えば母の味          江東区  りのんぱ
抱きつけばママのエプロンお味噌の香    八王子市  ルーク
味噌汁のない朝母の風邪を知る       小田原市  温州みかん
信州の味噌が味噌ですウチの妻       木更津市  安田蝸牛
お味噌汁嫁には言えぬ母一番        南埼玉郡  まご命 
お目覚めは時計でなくて味噌風味      北九州市  すかい

たくさんのご応募ありがとうございました。

おいしい川柳に投稿する