JA長野県

月2回更新!

検索

養分たっぷり!セルリーのための土づくり

八ヶ岳山麓で、サバゲーもセロリ栽培も全力です

八ヶ岳山麓で、サバゲーもセロリ栽培も全力です

日本最大級のセロリ産地原村。テレビ制作会社を退職した平出悠太さんは、この地で2015年に祖父のセロリ畑を継いで就農しました。母親も勤めをやめ、母子で4haのセロリを栽培しています。今では、ここでしか手に入らない種を育てるなどのチャレンジも。
趣味のサバイバルゲームは、たびたび千葉まで遠征するなど筋金入りです。

原村セルリー畑の水やり

セルリー畑の水やり

こんにちは。セルリーの平出です!
全国的に豪雨が災害を起こしております。皆様今一度お気をつけください。
9月の農事録始めます!

 

セルリーづくりは土づくりから

土入れ

さて今月は、来年に向けて育苗ハウスに土を入れました。
ポットで苗を作るのですが、ポットに土をつめる度にハウスの土は減ってしまうため、土の補充が必要です。
毎年軽トラで何往復もして土置き場からハウスに土を運びます。

土置き場

これは土置き場。おそらく、10年分ぐらいの土はあるかと思います。
ちなみに我が家では「赤土」を使っております。

ただ土を入れるだけではありません。
養分のある土にするため、藁や鶏糞の上に土を入れます。さらに、それらを腐らせて堆肥にするために水を含ませます。

土づくり

すべての土に水を含ませるため、一日中水を出しっぱなしにします。
この後さらに肥料や農薬を混ぜて来年まで置いておきます。

土づくり

 

新トラクターはまず安全祈願

今月はもう一つイベントが有りました。

諏訪大社安全祈願

注文していたトラクターが納車されたのです。
まだ作業仕様に色々と装着してもらわなければいけませんが、諏訪大社にて安全祈願をしてきました。

諏訪大社安全祈願

諏訪大社ではもちろん乗用車も安全祈願してくれます。
以前、軽トラを買ったときにも安全祈願をしてもらいました。

諏訪大社安全祈願

新しいトラクターで初作業のときには農事録にも載せたいと思います。

では今回はここまで。また次回の農事録でお会いしましょう!

NOW特集の最新ニュース

一覧を見る

メールマガジンのお申込み

月2回、メルマガでアップデートのお知らせや楽しいニュースをお届けします。購読無料。

お申込みはこちら