JA長野県

月2回更新!

検索

りんご三兄弟®「シナノスイート」の出番です!

りんご三兄弟

りんご三兄弟®

9月下旬から出荷が本格化するのが、長野県のオリジナル品種であるりんご「秋映」「シナノスイート」「シナノゴールド」です。
JA全農長野はこの3品種を「りんご三兄弟®」と名付け、商標登録しています。

<長野県のりんご三兄弟®の出荷時期目安>
●長男「秋映」:9月下旬~10月下旬
●次男「シナノスイート」:10月上旬~11月上旬
●三男「シナノゴールド」:10月中旬~12月下旬
(参考:JA全農長野ホームページ)

今回は次男「シナノスイート」のりんご畑にお邪魔しました。

JA信州うえだ果樹部会清水さん

長野県の東部に位置する上田市神科地区にあるJA信州うえだ 果樹部会 清水 裕(しみず・ゆたか)部会長の圃場です。
清水さんはお父様のりんご畑を継いで就農38年目のベテラン農家です。
4.5haの畑で20品種以上ものりんごを息子さんと栽培しています。

色んな品種に挑戦しています

収穫間近のシナノスイート

収穫間近のシナノスイート

ーーなぜたくさんの品種のりんごを栽培しているのでしょうか。

清水さん「たとえば、同じ品種をたくさん栽培すると、収穫などの作業が一度のタイミングで来るため、手が回らなくなってしまいます。いろんな時期に収穫する品種を栽培することで、作業時期が分散されて、効率よくりんごを栽培することができます」

ーータイムスケジュールを考えて、いろいろな品種のりんごを栽培しているのですね。

清水さん「上田市は一年を通じて晴天率が高く、降水量が少ないため甘いりんごが育ちます。ぜひJAうえだ産のりんごをお召し上がりください」

シナノスイートのおいしい食べ方

シナノスイート

シナノスイート

「全体が真っ赤なものがおすすめです」と勧められ、シナノスイートをいただきました。
早速ガブリと食べようとしたところ、清水さんに「待って!」と言われました。

清水さん「りんごに多く含まれる『果糖』は冷やすとより甘くなります。1時間ほど冷蔵庫で冷やしてから食べてください」

果物の甘味成分のひとつである果糖のフルクトースには、甘味の強さが異なるα型とβ型があり、β型はα型に比べて3倍もの甘味を持ち、冷やすことでよりβ-フルクトースが増え、果物の甘味は強くなります。反対に温めると、α-フルクトースが増えるだけでなく、酸味の濃度が高まるようです。
(引用:食育大辞典

冷やしたシナノスイート

冷やして食べると...。

甘い!!

シナノスイートは「つがる」と「ふじ」の交配品種。
糖度は14~15%とりんごの中では平均的な数値ですが、酸味が少ないので甘味を強く感じます。

ここで一つ豆知識です。シナノスイートの育成当時は、甘味と酸味のバランスが取れたりんごがいいとされていたので、「酸味がなくて甘いだけ」と果樹試験場内の評価は分かれていました。そんな時、一緒に調査をしていた学生の「こういう甘いリンゴがあってもいいと思う」というつぶやきから、これでいってみようという流れができたそうです。
(参考:シナノスイート開発ストーリー

酸味が少なく甘味が強い味わいが時代にはまり、今ではお年寄りからお子様まで幅広い層を虜にする人気品種です。 つぶやいてくれた学生さんに感謝ですね。

これから寒くなりますので、「一日一個のりんごは医者知らず」のことわざにならって、長野県産のりんごを食べて元気に過ごしましょう。

シナノスイートを取り寄せてみよう!

JA信州うえだのりんごをお求めの方はこちら

JA信州うえだ管内の直売所
 「うえだ食彩館ゆとりの里」では電話注文ができます。ご注文の方は下記までご連絡ください。
 TEL 0268-26-1050

※各地のスーパーマーケットにも並びますので、ぜひ店頭もチェックしてみてください。
※長野県産のシナノスイートは、JAタウンでも購入できます。

農畜産物の最新ニュース

一覧を見る

メールマガジンのお申込み

月2回、メルマガでアップデートのお知らせや楽しいニュースをお届けします。購読無料。

お申込みはこちら