JA長野県

月2回更新!

検索

長野県に"桃"の旬がやってきました!

収穫間近の桃

収穫間近の桃

桃がおいしい季節になりました。フルーツ王国長野県は桃の生産も盛んです。
今回の取材先は「JAグリーン長野 もも部会」。同JAは長野市南部に位置し、長野県一の生産量を誇る桃の産地です。全国的に有名な品種「川中島白桃」の発祥の地でもあり、一帯で桃が作られています。

「こだわりが"ない"のがこだわりです」

JAグリーン長野もも部会長宮﨑淳一さん

JAグリーン長野 もも部会長 宮﨑淳一(みやざき・じゅんいち)さんを訪ねました。
宮﨑さんは就農12年目。2019年に発生した台風19号によって、桃の圃場では樹ごと・土ごと千曲川の濁流に流されるなど、大きな被害に遭いましたが、「長野県NO.1の桃・ネクタリン産地を守ろう」と、復興のためにも注力しているお一人。植えたばかりの若い木の園も含め、1.7haの農地で桃とネクタリンを栽培しています。

桃づくりのこだわりを聞くと、「こだわりが"ない"のがこだわりですね。いいものを育てるための情報があれば、何でも柔軟に取り入れようとしています」と笑う宮﨑さん。そんな宮﨑さんが取材日(6月下旬)に行っていたのが、「袋掛け」作業です。

川中島白桃への袋掛け

川中島白桃への袋掛け作業中の宮﨑さん

袋掛けは、果実を強い日差しや病気、虫などの外敵から守り、よりきれいな外観の桃に仕上げるために行います。
一個一個にかけていくので、手間のかかる作業です。

袋掛け後の桃

7月中旬から下旬にかけて、品種ごとの収穫時期に合わせて、仕上げ作業に移ります。仕上げ作業は、甘さと色づきに不可欠である日光を桃に当てるため、袋を外し、反射フィルムを地面に敷きます。
「近年、収穫の時期っていえば雨が降るんですけど...、梅雨明け後、収穫までの間は桃にとって雨は要らないんです。晴れの日が続くことを祈るばかりです」(宮﨑さん)。

JAグリーン長野もも部会が主力とする品種の収穫・出荷は、7月下旬から「あかつき」「川中島白鳳」、8月上旬に「なつっこ」、8月中下旬から「川中島白桃」「黄金桃」が始まる予定です。
生産者のみなさんの努力の結果が、収穫という形で、目の前に迫っています。

桃のおすすめの食べ方を聞いてみました

桃

宮﨑さんは、収穫したばかりの桃を布でこすって毛を取った後、「丸かじり」して味を確かめ、出荷時期を見極めています。

「皮と実の間は特に甘いし、栄養分も詰まっているといわれるので、ぜひ皮ごと食べてみてください」と、ちょっぴり贅沢な「皮ごと、丸かじり」をオススメしています。

桃は「やわらかめ」「硬め」と、人によって「硬さ」の好みが分かれます。
硬さは、品種による違いもありますが、「そもそも硬めの桃ってどうなんだろう?」と疑問をお持ちになる方もいらっしゃるかもしれません。

「川中島白桃は、果肉が硬めの品種ですが、硬くても味はちゃんとのっているし、一度硬くて甘い桃を食べると病みつきですよ」と話す『桃は断然硬い派』の宮﨑さん。

「やわらかい派のみなさんも硬い派のみなさんも、長野県の桃、JAグリーン長野の桃を食べてみてください」と自信をもってオススメしています。

桃の名産地イチオシの桃

肥沃な土地で育まれたおいしい桃の中で、糖度13度以上で、着色良好な桃に同JAは最高等級として「輝々桃(きらきらもも)」の名を付けています。

JAグリーン長野産 自慢の逸品「輝々桃」

JAグリーン長野産 自慢の逸品「輝々桃」

長野県外のスーパーマーケットなどの量販店に並びます。
ぜひ、「JAグリーン長野産」を見つけて、ご賞味ください。

桃の「皮ごと」オススメです

桃の「皮ごと」オススメです

■関連リンク
JAグリーン長野

■JAグリーン長野の桃のお取り寄せはこちら
オンラインショップ JAタウン

★人気商品のため、販売終了となる場合がございます。
★各地のスーパーマーケットにも並びますので、ぜひ店頭もチェックしてみてください。

農畜産物の最新ニュース

一覧を見る

メールマガジンのお申込み

月2回、メルマガでアップデートのお知らせや楽しいニュースをお届けします。購読無料。

お申込みはこちら