JA長野県

月2回更新!

検索

人気のイチゴ「章姫」が食べ放題!

イチゴ狩り

寒い冬が続きます。農閑期の冬はどことなく寂しく、寒さもあいまって引きこもりがちになってしまっている私です。
しかし、こもっているだけではもったいない! 冬はあの赤い果実が旬を迎えています。

旬ごとにくだもの狩り体験が楽しめる♪

やってきたのは、県東部に位置する上田市。ここ「JA信州うえだ 塩田東山観光農園」ではイチゴが旬を迎えております。

イチゴ狩り

こちらの観光農園では、イチゴ狩り(1月~6月半ば)のほかに、さくらんぼ狩り(6月~7月半ば)、ぶどう狩り(9月~10月半ば)、リンゴ狩り(10月~12月上旬)の体験ができます。「年間を通して○○狩りの体験ができるようにしたい」と語るのは、常務取締役の船田さん。8月は体験がないため何かできないかと検討中とのことですが、年間を通して季節ごとの体験ができたらうれしいですよね。いつ来ても、何度来ても楽しく、季節ごとの体験ができるのはとても魅力的です!!

真冬でもポカポカなイチゴハウス

イチゴ狩り

早速ハウスの中へ。
ハウスの中は温かです。取材した日は晴れてはいたものの、風が冷たく凍える寒さでした。でも、太陽が高くなるにつれてハウス内は30℃にもなり、冬用コートなんて着ていられないほどに。お客さんも汗をかきながらイチゴ狩りしているとか。「コートを手に持ってイチゴ狩りなんて、本領発揮できない~」と思ってしまう編集部員ですが、ご安心を! コート掛け(ハンガー)も常備されておりますので思う存分イチゴに集中することができます。
また、イチゴ棚は2段になっており、腰を屈めなくても取って食べることができますし、小さなお子さんの手が届かない、という心配もございません。親子が十分楽しめる造りになっております。

おいしくて手が止まらない!

こちらで栽培しているのは、章姫と紅ほっぺという品種。紅ほっぺは章姫に比べると酸味が強いのが特徴。お客さんは甘い品種を好まれるので、主に章姫を中心に体験を行なっています。章姫はヘタまで赤くなっていなくても十分甘くて、おいしく食べられるとのこと。あまりのおいしさでお客さんの中には、「こんなに食べられると思わなくて、自分でもビックリ!」という方もいらっしゃるとか。
30分食べ放題ですが、最高で150個ほど食べたという報告もあったそうす。30分で150個・・・、単純計算1分間に5個!? す、すごすぎます。

イチゴ狩りのマメ知識

☆先端から色付いていくため、先端のほうが糖度が高い。食べるときはヘタのほうから食べると最後に甘く感じられます。

☆収穫するときは、親指以外の4本にイチゴを乗せ、親指をヘタのヘリに沿わせて上に傾けるだけで簡単に収穫できます。

イチゴ狩り

低農薬で安心安全に

イチゴ狩り

果物は基本、なにも調理せずに食べるもの。食卓では洗って食べると思いますが、イチゴ狩りでは洗わずに生で食べることになります。塩田東山観光農園では、安心して食べていただけるように、化学農薬をあまり使わないように心がけています。
そのためには手入れが大切で、葉を元気に保つこと、厄介なハダニ(イチゴの天敵)を防除するのに天敵であるカブリダニ類を用いており、この天敵となるカブリダニ類は、ハダニを捕食することにより発生密度を抑えています。また、イチゴはうどん粉病(葉や茎、実が白く粉を吹いてしまう)になりやすく、うどん粉病になってしまうと、果実が傷みやすくなり味も低下してしまうばかりではなく商品価値が全くなくなってしまいます。このうどん粉病を防ぐために、夜間にUV-B(紫外線B波)を当て、殺菌効果を利用して健全に栽培しています。また、枯れかけている葉や、これ以上実をつけない茎を根元から取る「葉かき作業」もこまめに行なっています。

イチゴ狩り

写真のような砂が、カブリダニがいる証拠です。
このように、化学農薬をあまり使わないようにしているため、おいしいイチゴが食べられるのですね。

予約してお出かけしよう!

隣設している直売所では、観光農園で収穫されたイチゴを販売されております。

イチゴ狩り

イチゴ狩り

イチゴ狩り

イチゴ狩り

イチゴ狩り

イチゴ狩りでおなかいっぱいになったあとは、家で楽しむ用のイチゴをお土産に買われてはいかがでしょうか?

塩田東山観光農園では6月半ばまでイチゴ狩り体験ができます。
入園には予約が必要ですので、事前に電話かメールでご予約のうえお越しください。 詳しくは下記のお問合せ先まで。

塩田東山観光農園

  • 長野県上田市富士山2019
  • TEL 0268-39-0210
  • FAX 0268-39-0218
  • E-mail shiodahigashiyam@ued.janis.or.jp
  • JA信州うえだ

農畜産物の最新ニュース

一覧を見る

メールマガジンのお申込み

月2回、メルマガでアップデートのお知らせや楽しいニュースをお届けします。購読無料。

お申込みはこちら