大豆栽培で、食育を応援

JA中野市
「大豆栽培で、食育を応援」の画像
大豆の種まき体験をする児童ら

JA中野市青年部長丘支部は6月上旬、子どもたちに農業や食への関心を深めてもらおうと、管内の長丘小学校の2年生と大豆の種まきをした。
児童と青年部員、JAの新入職員ら30人ほどが参加。種まき後は青年部員が児童から、大豆栽培や農業の質問に答えた。長丘支部は、遊休農地を利用して大豆を栽培し、収穫した大豆をみそに加工、販売する6次産業化に取り組んでいる。今後は10月の収穫を目指し、児童と栽培管理をする。