生協組合員と交流、棚田の田植え企画

JA佐久浅間
「生協組合員と交流、棚田の田植え企画」の画像
棚田で田植えを楽しむ参加者

JA佐久浅間産の米を取り扱う東京都の東都生協は5月下旬、小諸市で田植え体験交流会を開いた。同生協の組合員親子ら31人が参加し、同市諸の小林太喜男さんの棚田約2アールで、手ほどきを受けながら「コシヒカリ」の苗を植えた。
「金芽米長野コシヒカリ」「金芽米長野あきたこまち」の産地であるJAと、精米を担う東洋ライスの協力で企画した。秋には稲刈り体験も行い、参加者に収穫した米をプレゼントする予定だ。