交通安全願って、園児の教室支援

JA佐久浅間
「交通安全願って、園児の教室支援」の画像
横断歩道の渡り方を練習する親子

園児に正しい交通ルールを身に付けてもらおうと、JA佐久浅間は管内の保育園や幼稚園の交通安全教室を支援している。4月中・下旬、要請があった佐久市内の5会場に信号機や標識など機材を貸し出し、共済担当職員を派遣。JA共済連が寄贈した反射材付きのキーホルダーを手渡した。
同市岩村田の岩村田保育園で開かれた教室には、ライフアドバイザーの職員ら3人を派遣。園庭に設けた横断歩道で信号機を操作し「青信号でも必ず左右を確認しましょう」と園児に呼び掛けた。
JA共済部普及企画課の須江正彦課長は「交通事故のない社会を目指す、JA共済の地域貢献活動の一つとして、今後も支援に取り組みたい」と話している。