出張整備で、農機安全に

JA佐久浅間
「出張整備で、農機安全に」の画像
持ち込まれた農機を整備する担当者

JA佐久浅間農機資材部は、組合員サービスの向上と農機の安全使用を目的に、管内2会場で出張整備会を開いた。組合員や利用者の「農機センターが遠方で出向くことが難しい」といった声を受け、行った。
小諸市諸の大里地区を対象にした整備会には、トラクターや田植え機、管理機など約20台が持ち込まれた。
JA農機センター職員が要望に応じて点検・整備し、引き渡した。農機を持参した組合員は「本格的な農作業シーズンを前に点検してもらい、安心して使える」と話した。
JA担当者は「定期点検は、トラブルの未然防止だけでなくコスト削減にもつながる。迅速な整備や修理に向けてサービス体制を充実し、利用者ニーズに応えたい」と話した。