講師招き技術向上

JA塩尻市
「講師招き技術向上」の画像
総会の様子

JA塩尻市が運営する介護事業組織やまびこ会は15日、JA広丘支所で総会を開いた。介護スタッフ約30人が出席。2017年度事業報告と収支決算報告、18年度事業計画などを承認した。
17年度は、自動体外式除細動器(AED)を使った心肺蘇生法や感染症の症状と対策についてなど、外部講師を招いて研修をし利用者ニーズに応えられるようにした。
役員改選では、平林由紀さんが新会長に就任。「分からないことだらけだが、協力して頑張りたい」と抱負を話した。
総会後は、座談会形式で日頃の介護で困っていることなどの情報交換やスタッフ同士アドバイスするなど交流を深めた。
やまびこ会は、介護をしている家族の役に立ちたいと有償サービスとして発足し、今年で24年が経過。研修などを積極的に取り入れ、スタッフ一人一人のスキルアップを目指し、技術や知識の向上に努めている。