新本所が完成 総合力強化へ

JAみなみ信州
「新本所が完成 総合力強化へ」の画像
完成したJAみなみ信州の新本所

JAみなみ信州は10日、飯田市鼎のみどりの広場内に建設した新たなJA本所で、竣工(しゅんこう)式を開いた。JAの歴代役員、組合員、役職員、各市町村長ら約200人が出席して竣工神事や祝賀会を行った。これまで3カ所に分散していた各事業所を集約し、効率的な運営、部門連携による総合力強化などを期待する。
新本所は鉄骨造り3階建てで、建築面積1758平方メートル、延べ床面積4640平方メートル。1階には金融、共済窓口、ローンセンター、不動産センター、歯科診療所、旅行センター、2階に監事室、金融部、共済部、監査部、リスク管理室、3階に役員室、総務企画部、総合企画室・JA自己改革推進室、営農部、経済部を置く。
1階の金融、共済窓口は、これまでの本所にはなかったもので、本所でも他の支所、店舗と同様の金融、共済サービスを提供。公募で愛称を「みなみちゃんホール」とした会議室棟は、最大7部屋使用でき、1階の全室を合わせると220人が収容できる大会議室としても使える。災害時に避難所に活用できるよう、太陽光発電システムと自家発電装置を備える。
田内市人組合長は竣工式で「各事業部を1カ所に集約することで、効率的な運営、部門連携による総合力強化、施設のスリム化など多くのメリットがある」と強調。さらに「職員の部門を超えた交流で活気ある職場風土を築き上げていきたい。信頼され期待される拠点となるように役職員一丸となり業務に取り組んでいく」とあいさつした。
各部署の新本所での営業開始日は次の通り。
▽12日=営農部、経済部、歯科診療所▽26日=役員室、総務企画部、監査部、リスク管理室、不動産センター、旅行センター▽5月1日=金融部▽5月7日=共済部