もぎたてイチゴ堪能

JA佐久浅間
「もぎたてイチゴ堪能」の画像
イチゴ狩りを楽しむ来園者

農業生産法人こもろ布引いちご園が運営する小諸市の観光イチゴ園は、多くの来園者でにぎわっている。
同園は1月1日からイチゴ狩りをスタートした。1棟約20アールのハウス5棟で、豊かな甘味とみずみずしさが特徴の「章姫」、甘味と酸味のバランスがよい「紅ほっぺ」を中心に数種類を提供している。
ハウス内は通路を広くとり、全棟で車椅子やベビーカーの入園を可能にするなど、幅広いニーズに対応。春休みなどの大型連休には県内外から大勢の利用者が訪れ、ゴールデンウイークは1日平均約800人の入園を見込む。
同園営業部の我妻鮎美さんは「完熟のイチゴのおいしさを大勢の皆さんに楽しんでもらいたい」と話す。
イチゴ狩りは6月末まで楽しめる。
開園は午前10時~午後3時(閉園午後4時)。イチゴの生育状況で制限の場合がある。問い合わせは、(電)0267(26)2615。