いちご大福人気

JA佐久浅間
「いちご大福人気」の画像
こだわりの材料で丁寧につくられる「いちご大福」

地元産の旬の食材を使って加工品を製造・販売するJA佐久浅間女性会「母の味」は、人気商品「いちご大福」の販売を始めた。JAが運営する小諸市大久保の日帰り温泉施設「あぐりの湯こもろ」の加工室で、平日は約50個、週末は約200個を製造。同施設内の直売所の人気商品として親しまれている。
イチゴは隣接する「こもろ布引いちご園」から届く摘みたての「章姫」を使う。国産の白インゲンマメを原料にした白あんを合わせ、地元産のもち粉の生地で包むなど、材料には徹底したこだわりを見せる。イチゴの程よい酸味となめらかな白あんの組み合わせが好評で、連日売り切れる人気ぶりだ。
大林恵会長は「安全・安心にこだわった材料で丁寧に仕上げた『いちご大福』を多くの皆さんに味わってほしい」と話す。価格は1個140円で、6月上旬まで販売を予定する。販売場所は「あぐりの湯こもろ」地域特産物直売施設。(電)0267(24)4126。