野菜作り楽しもう

JA長野八ヶ岳
「野菜作り楽しもう」の画像
講座の様子

JA長野八ケ岳は、第11期レディースカレッジの第2回講座を南牧村野辺山基幹集落センターで開き、7人の受講生が参加した。地域の女性にもっと野菜作りを楽しんでもらいたいと、同JA農業部の中島常勝課長が「自家用野菜を上手に作るための工夫」と題して、家庭菜園での作り方を講義した。
JAは、高冷地特有の冷涼な気候を利用してハクサイやレタスなど夏野菜の栽培が盛んで、県内でも有数の一大産地だ。
中島課長は「この地域は、夏場でも多くの種類の野菜作りが楽しめる特別な地域。夏場の冷涼な気候と朝晩の寒暖差がうま味のあるおいしい野菜を育てる。気候や環境に適した品種を選んで、野菜作りをもっと楽しんで」とあいさつした。
講義では、土づくりのベースとなる肥料の種類や役割、具体的な投入量と野菜に合わせて調整投入する元肥や追肥について分かりやすく解説した。受講生の多くが自家用野菜の栽培経験があり、熱心に質問した。
受講生は「肥料について勉強できてよかった」「品種や栽培方法を具体的に教えてもらえたので、分かりやすかった」などと話した。