年頭式-長野八ケ岳

JA長野八ヶ岳
「年頭式-長野八ケ岳」の画像
あいさつする由井組合長

JA長野八ケ岳は4日、南牧村の本所で、年頭式を開いた。課長代理以上の管理職ら約50人が出席をした。
由井和行組合長は、2018年が後期中期計画の最終年度となることを指摘し、「取り組んできたことに結果を出して、次の6年間につなげ、前期3カ年の計画を樹立しなければならない重要な年。幹部である管理職の皆さんには、自覚を持って業務を推進してもらいたい」と強調した。
17年度の結びと18年度の事業計画達成を祈願して、だるまの入瞳式も開催。役職員が一丸となって、地域を守り、豊かにするJAとして行動していくことを再確認した。