育てた大豆をずんだ団子に

JA塩尻市
「育てた大豆をずんだ団子に」の画像
団子を試食する児童とJA職員ら

塩尻市の宗賀小学校はこのほど、大豆の収穫祭を開いた。2年生の児童28人が参加。6月に種まきをして育てた大豆「あやみどり」の栽培過程を発表し、すんだ団子にして味わった。
JA塩尻市のそ菜担当の営農技術員と、総務部協同活動推進課の職員が、種まきから収穫までを指導。合計で3.6キロ収穫した。収穫祭では、JA職員を招き、大豆を子どもたちがずんだ団子にして振る舞った。
ずんだ団子は、エダマメではなく、「あやみどり」の緑色を生かして作った。子どもたちは「自分たちで育てた大豆だからとてもおいしい。来年も作りたい」と笑顔で話した。