おむすび大作戦、女性部が講師に

JAながの
「おむすび大作戦、女性部が講師に」の画像
おにぎり作りを楽しむ参加者

JAながのは、飯綱町の飯綱支所で11月中旬に開いたJA祭「ビビッド祭」で、同町産の米を使って「ニコ・ニコおむすび大作戦」を行った。女性部員を講師に、来場者がおにぎりを作り、米の消費拡大を図った。雑誌『家の光』掲載の記事を参考に企画。子どもから高齢者まで約40人が参加し、思い思いのおにぎりを作り、楽しんだ。
JA女性部ながの地区飯綱支部の部員が講師を務めた。サケや梅干し、ウインナーなど約20種類の具材と同町の「コシヒカリ」を用意。参加者は具を中心に入れて握った後、エダマメやのり、ニンジン、ゴマなどを使い、花や動物の顔などをデザインしたおにぎりを作った。
参加した親子は「楽しみながらできた。簡単にいろいろな模様のおにぎりを作ることができたので、自宅でもやってみたい」と話した。
企画を担当した職員は「予想より多くの人に参加してもらい、うれしい。おにぎり作りを通して地元産の米のおいしさを知ってほしい」と強調した。