授業で育てた「男爵薯」収穫

JA塩尻市
「授業で育てた「男爵薯」収穫」の画像
収穫をする生徒たち

塩尻市立塩尻中学校は9月中旬、農業体験学習でジャガイモの収穫作業を行った。1~3年生25人が参加した。
授業は「地域ふれあい学習」として、地域の文化に関わる講師を集め開いている。農業体験学習は今年で4回目。今年はジャガイモの中でも一般的な「男爵薯」を栽培した。5月ごろ植え付け、月2回の授業で生育を観察した。
今回の授業では、営農技術員の指導で草取りをした後、くわや手で土を掘り起こして収穫。収量を確認し合った。今回は30キロのジャガイモを収穫した。
くわで土を掘り起こした生徒からは「楽しい、すごい力を使う」と声が上がった。営農技術員のアドバイスを聞きながら、使い方を学んだ。