認知症理解へ、健康セミナー

JAみなみ信州
「認知症理解へ、健康セミナー」の画像
大勢が参加した認知症セミナー

JAみなみ信州女性部山本支部は9月上旬、飯田市の山本支所で第3回健康セミナーを行った。支部員の要望に応え、今年度支部独自で企画。今回は認知症の予防・若年性認知症をテーマに、50人以上が参加した。
同市長寿支援課の佐藤八重さんが講演した。認知症を引き起こす病気、早期発見の目安などを説明。「認知症は脳の老化現象なので誰にでも起こり得る。特徴を理解し、患者や家族とも上手に接してほしい」と話した。
支部長で女性部長の遠山幸江さんは「人付き合いや趣味で脳の力を健やかに保つことが予防には大事ということで、女性部の活動はまさに認知症予防になる。女性部を認知症予防にも役立ててほしい」と話した。