レタス栽培挑戦

JA塩尻市
「レタス栽培挑戦」の画像
レタス苗を定植する児童ら

塩尻市立桔梗小学校5年2組の児童28人は1日、市内の主力野菜であるレタスの栽培に挑戦した。JA塩尻市の営農技術員が講師となり、畑づくりと定植を行った。畑は隣接する県立志学館高校の畑を6平方メートルほど借りた。
家庭科でサラダの調理実習を行い、育てたキュウリやトマトを使って調理した際に、「レタスも育てたい」と児童の希望があり、栽培に至った。
児童らは、くわを握りしめ一生懸命に畑を耕し、計40本の苗を植え付けた。
三治敬一郎営農技術員は「小まめに観察して、害虫などを見つけたら取り除くようにしてほしい」と呼び掛けた。