野菜8品PR

JA長野八ヶ岳
「野菜8品PR」の画像
せり台に立つ由井組合長

JA長野八ケ岳は9月上旬、京都市中央卸売市場の京都青果合同でトップセールスを開いた。由井和行組合長らが、市場関係者や仲買人に向けて、ハクサイをはじめとした同JA産の野菜を売り込んだ。
由井組合長は、同JA産のハクサイやキャベツが並ぶせり場で、中央のせり台に立ち「今年は大変厳しい気象状況だが、当産地にはまだ約1000万ケースの野菜がある。残り2カ月間、安全安心な野菜を精いっぱい届けるので、ご愛顧いただきたい」とあいさつし、消費拡大を呼び掛けた。
試食会場には、ハクサイやレタス、キャベツ、ブロッコリーなど8品目の野菜を展示し、品質の高さをアピール。試食品として、「レタスの塩昆布あえ」とハクサイとツナ缶をあえて、隠し味に信州みそを使った「無限ハクサイ」を振る舞った。仲買人からは「みそが効いていておいしい」、「あっさりしているのでいくらでも食べられる」と好評だった。