地元の納涼祭で、新鮮野菜を販売

JA塩尻市
「地元の納涼祭で、新鮮野菜を販売」の画像
買い求める来場者

JA塩尻市女性部は18日、塩尻市宗賀にある昭和電工セラミックスの納涼祭「ふれあいパーティー2017」で、旬の農産物や花などを販売する屋台を開いた。焼きトウモロコシやキュウリ、フライドポテトなど部員が育てた野菜などを持ち寄って提供。大勢の来場者が屋台に足を止め、にぎわいを見せた。
納涼祭は、同社が従業員向けに開いていたものを一昨年に復活。地元住民と交流ができるイベントにし、3回目。来場者は、屋台をはじめ抽選会や特設ステージでの楽団の演奏などを楽しんだ。
女性部事務局を務めるJA協同活動推進課の古牧美保子課長は「午前中から部員の皆さんが用意してくれ、多くの方に地元の野菜を食べてもらえてよかった」と話した。