中野、飯山市など、新規就農者を激励

JA中野市
「中野、飯山市など、新規就農者を激励」の画像
新規就農者を激励する丸山尚さん

県北信農業改良普及センターは8月上旬、中野市のアップルシティーなかので、新規就農者激励会を開いた。同市、飯山市、山ノ内町で昨年就農した24人の内、12人が参加。地元農業者や関係機関の代表者などが、新しい仲間を温かく歓迎した。中野市では昨年、15人が就農。果樹、花き、きのこ、野菜、水稲などの栽培に取り組んでいる。
先輩農業者として出席した、JA中野市青年部生産部長の丸山尚さんは「私自身、就農当時は農業のことも分からず、農家の知り合いもほとんどいなかったが、青年部に入って仲間が増えた。皆さんにも、青年部をはじめとした地域の農業者団体に所属して、見識を深めてほしい」と激励した。
参加した新規就農者は「地元で農業に携わっている仲間とも積極的に交流して、互いに刺激しあっていきたい」と意欲を語った。