貴重な体験 子どもに-レタス収穫「おいしい」

JA長野八ヶ岳
「貴重な体験 子どもに-レタス収穫「おいしい」」の画像
レタスの切り方を指導する生産者

JA長野八ケ岳川上支所は7月下旬、川上村の畑で親子向けのレタスの収穫体験を開いた。契約先の食品スーパー、ベルクが主催する食育学習ツアーに協賛し、県外から親子12組32人を受け入れた。
このツアーは毎年開かれていて、今年で10年目。ベルクと出荷契約を結んでいる、同支所梓山そ菜出荷組合の生産者8人が協力している。
参加者は、生産者に切り方や切り口の洗浄、箱詰めなどを教わりながら収穫を楽しんだ。
近くの試食会場では、スープや塩昆布あえなどのレタス料理5品が振る舞われて、取れたてを味わった。参加者は「レタスの新しい食べ方を教えてもらえてうれしい」などと感想を話した。
同出荷組合の鷹野光政組合長は「消費者と触れ合い、直接おいしいと言ってもらえるのは、とてもうれしい。忙しい時期だが、みんなで楽しみながら取り組んでいる」と話した。