重厚感あるワインに

JA塩尻市
「重厚感あるワインに」の画像
新商品のワイン「塩尻ベリー」

長野県のJA塩尻市は、ブドウの「マスカット・ベリーA」を使った赤ワイン「塩尻ベリー」を発売した。この品種の特長を生かした程よい酸味、渋味と華やかな香りのある、しっかりとした味わい。温度で飲み口が変わり、冷やすときりっと引き締まり、常温で飲むととても重厚感がある。辛口に仕上げているので、ワイン好きにお薦めという。
同JA独自のワイナリーで醸造。このワイナリーでは、主に「コンコード」の赤ワインとロゼ、「ナイヤガラ」の白ワインを醸造している。商品のラインナップを増やそうと「マスカット・ベリーA」を使った。
ワイン醸造を担う地域販売促進課の唐沢義信さんは「低温発酵で冷しながら発酵させることで、自然発酵よりも長くブドウの皮と実が一緒になり重厚感が増す。搾汁のタイミングに気を付けて醸造した」と話す。
塩尻市にあるJA農産物直売所「新鮮市場ききょう」やJAホームページ内ネットショップで、700本限定で販売している。1本(720ミリリットル)1520円。