朝取りアスパラ、試食販売でPR

JAながの
「朝取りアスパラ、試食販売でPR」の画像
飯山フェアでアスパラガスを販売したエプロン姿の「まるごと届け隊」と来客

アスパラガスの出荷最盛期を迎え、JAながのと飯山市は12~14日の3日間、長野市内のスーパーで「飯山フェア」を開いた。店内に特設コーナーを設け、飯山産の朝採りグリーンアスパラガスの他、きのこ、山菜などを販売した。
生産者が中心となり地元産の農畜産物の消費拡大に取り組む「まるごと届け隊」のメンバー、とJAの販売担当者、飯山市役所農林課の職員が、来店客に試食やレシピを手渡すなどPRした。地元の飯山市町商店街協同組合のゆるキャラ「アスパラン」も登場。期間中、約500束(1束2L4、5本)を販売した。
当地では、ほとんどがアスパラガスを露地栽培で生産する。出荷は5月が最盛期で、9月まで続く。