01)長野県農業の特徴
02)長野県の特産物
03)長野県農業の現状
04)地域別の特徴1 北信・中信
05)地域別の特徴2 東信・南信

tokusan_head01 ine_head_right

自然条件
 長野県は、日本列島の中央に位置しており、日本アルプスをはじめとした2,000~3,000m級の山々に四方を囲まれた、四季の変化に富んだ地域です。
 県内の気候は、一般的に気温の年較差・日較差が大きい内陸的気候となっています。同時に、南北に長い立地のため、平均気温や降水量、日照時間が地域により大きく異なります。
 耕地は標高260mから1,500mの間にあり、その約半数が5度以上の傾斜地となっています。
 このような必ずしも恵まれているとは言いがたい立地条件を巧みに生かして、園芸作物や米、畜産などバラエティーに富んだ農業が営まれています。
 長野県の農家戸数は全国1位(平成14年1月現在)で、大変農業のさかんな県であると言えます。

県農産物の特徴
 長野県はその自然条件から、野菜、果樹、花き、きのこなどの園芸作物の栽培が大変さかんで、その販売品目は100以上にも及びます。 園芸作物は県内の農業総合生産額の過半数を占め、その生産は全国でもトップクラスを誇る品目も数多くあります。
 長野県は、京浜、中京、京阪神などの大都市圏まで比較的近距離にあり、特に、近年の高速交通網の整備により時間的距離は、ますます短縮されています。新鮮な農産物をいち早く都市に出荷できることも、これら作物の栽培がさかんな一因です。

  園芸作物の割合

長野県の農業産出額
(平成16年)
※栽培きのこ含む


品目別割合

園芸作物の品目別割合(平成16年)

 旬のカレンダー 長野のおもな農産物の収穫時期

▲ページのトップへ