01)長野の地勢と食生活
02)代表的な長野の伝統食
03)地域の伝統的な食生活を調べる
04)長寿県を支える食生活の秘密
05)地域別の食の特徴 北信
06)地域別の食の特徴 中信
07)地域別の食の特徴 東信
08)地域別の食の特徴 南信

長野の地勢と食生活 ine_head_right

 日本の屋根といわれる長野県は、全国都道府県中第4位の広さがあります。この広い面積の地形は一様ではなく、山地が8割を占め、これらを源とする河川が北と南に流れ、その間に谷、湖沼、盆地、扇状地などを形成しています。
 この多様な地形により、県内の気象は地域によって異なります。長野県は南北に長く、県の北端は裏日本式の豪雪地帯であり、最南は表日本式の気候で、茶畑ができるほど温暖です。また中心部は冬と夏の気温差が激しい内陸型の気候です。年間降水量も1,000mm以内のところもあれば、2,400mm以上のところもあります。
 このような多様な地理的条件によって、地域ごとに生産される農産物は異なってきます。したがって、これら農産物をもとに営まれる食生活も、長野県においては地域ごとの違いが生じてくるのです。
 たとえば、長野を代表する郷土食であるおやき・やきもち類は、地域によって趣を変えます。同じおやき・やきもち類でも、材料、呼称、あんや焼き方が変わるのです。

安曇平の飯やきもち 伊那谷の五平もち

安曇平の飯やきもち

伊那谷の五平もち

   
丸なすのおやき 善光寺の平おやき

丸なすのおやき

善光寺の平おやき


地域名称あん、作り方
飯山(北信濃)笹もちついたもちを笹の葉で挟んでおく。食べるときにはがしやすい。
善光寺平
西山
おやき小麦粉あんは野菜や小豆。焼くかふかす。丸なすのおやきが有名。丸なすに油味噌を挟んだものを小麦粉の皮で包んで焼く。または蒸す。
上田盆地おやき、こねつけ小麦粉、米おやきは小麦粉、こねつけは米と小麦粉を混ぜてこねる。あんは野菜や小豆。
佐久平(佐久盆地)安倍川もち焼いたもちに黒豆から作ったきな粉をまぶす。
安曇平(松本盆地)飯やきもち米・小麦粉米と小麦粉、炭酸を混ぜる。あんは味噌、黒砂糖。ゆでてから焼く。
木曽そばやきもちそば粉いろりの灰の中に埋めて焼く。味噌からとったたまりをつけて食べる。
伊那谷五平もちもちを竹串に二個ずつさして焼く。くるみ入りの味噌だれをつけて食べる。
諏訪盆地----※凍みもち、しそもちなどが中心
伊那谷五平もちもちを竹串に2個ずつ刺して焼く。くるみ入りの味噌だれをつけて食べる。

各地域のおやき・やきもち類の材料と作り方

 昨今、交通網の整備により、地域独自の食文化というものが薄れつつあります。
しかし、長野は高峻な山と深い谷にさえぎられ、「信濃の国」として独自な文化を形成してきました。
農産物を保存や加工したり、行事に伴う晴れ食などの食文化は、人々の暮らしの中で祖先から脈々と伝承・改良されてきた一つの文化です。これら伝統的な食生活を調べ学習の素材とすることは、地域の歴史や地勢を学ぶまたとない機会となることでしょう。

▲ページのトップへ