おいしい川柳に
投稿する 10~11月のテーマ「稲刈り」

おいしい川柳に投稿する

7~8月のおいしい川柳

テーマ「ブドウ」

長野県農畜産物おいしい川柳。

今回のテーマは、長野県の「ブドウ」でした。
今回も全国からたくさんの川柳をご応募いただき、ありがとうございました。
入賞された皆さんは次の3名の方です!
入賞者の方には、長野県産のぶどうのみを使用した「信州ぶどうジュース」をお送りします。楽しみにお待ちください。

ブドウ

いいJAん!信州大賞(1作品)

お土産の信濃ぶどうは話し好き
川崎市  湘路

<解説>信州へ行って来た、或いは里帰りした人からのお土産は、信州産の葡萄でした。先ずは葡萄持参の人の土産話で盛り上がり、葡萄の美味しさから、長野県の農産物の自慢話、土地の自慢話、人情の自慢話など、長寿県の自慢話で盛り上がったのでしょう。ご近所や職場の人間関係の修復に、更に強い絆にと、信州の葡萄は大いに役立ってくれているようで嬉しいですね。

いいJAん!信州賞(2作品)

夏休み孫の宿題ブドウ狩り
行橋市  仲ちゃん

<解説>夏休みに、親と共にやって来た孫に、爺と婆が聞いたのでしょう。もう夏休みの宿題は終わったのか…と。孫が答えます、「やったけど自由研究が一つだけ残ってる」。「そうか、そうか、でその自由研究は何なの」。「ぶどう狩りで信州ブドウのおいしさ、楽しさを調べること」。これを聞かされたのでは、行かない訳には行きません。爺ちゃんは言う「本当かな、まあ良いか…」。

父さんは葡萄の種の存在感
武蔵野市  赤紫

<解説>昨今は差が縮んだようですが、母の日の認知度と母への贈り物の数と、父の日の事情を比べると余りにも違い過ぎて、父の存在感の薄さが良く話題になります。葡萄の種と同じで、在れば邪魔なような気になり、無ければ何となく寂しいと言う存在なのでしょう。ただやはり、重要な時には居て当たり前、居て欲しいという所でしょうか。美味しいブドウも種次第です。

佳作(7作品)

大粒のぶどう一房置き手紙           豊島区  カジ
ブドウ狩り腹八分目忘れよう          川崎市  ロッキー
一粒で済まぬ葡萄のつまみ食い         船橋市  極楽鳥
肩車もう要らないよぶどう狩り         清須市  さごじょう
ブドウ狩り来るたび知った新品種        岐阜市  かきくけ子
ブドウ食べ妻と元気に子だくさん        名取市  としっぺ
見舞い客よりもブドウに手がのびる       三条市  こしあん

たくさんのご応募ありがとうございました。

おいしい川柳に投稿する