おいしい川柳に
投稿する 7~8月のテーマ「ブドウ」

おいしい川柳に投稿する

4~5月のおいしい川柳

テーマ「トマト」

長野県農畜産物おいしい川柳。

今回のテーマは、長野県の「トマト」でした。
今回も全国からたくさんの川柳をご応募いただき、ありがとうございました。
入賞された皆さんは次の3名の方です!
入賞者の方には、昔懐かしい!糖度の高い味わいあるトマト「アグリンフレッシュ匠技サンロードトマト」をお送りします。楽しみにお待ちください。

トマト

いいJAん!信州大賞(1作品)

抗酸化知ってトマトを習慣化
川崎市   Akiki

<解説>生体内で、酸素が関与する有害な作用を抑制する働きを「抗酸化作用」と言います。この働きを持つ物質を抗酸化物質といい、トマトに含まれるリコピンなどがそうです。このリコピンが、アンチエイジング効果も期待出来るとなれば、食べない訳には行きません。信州産の美味しトマトなら、毎日食べても苦になりません。この習慣化が長寿にも繋がります。

いいJAん!信州賞(2作品)

トマト熟れ医者の見舞いに二つ三つ
豊島区  カジ

<解説>「医者いらず」と昔から言われている食べ物は、りんご、柿、大根、みかん、梅干し、そしてトマトといろいろあります。だからお医者さんは本当に要らないとは、誰も思ってはいませんが、それほど体に良いビタミンなどが豊富ということに他なりません。そのお医者さんの病気見舞いに、トマトを持参したという気持ちが、様々に解釈が出来、楽しい川柳になりました。

夏トマト忖度要らぬこの旨さ
郡山市  K・U

<解説>昨今は、テレビのワイドショーなどで「忖度(そんたく)」の言葉が溢れています。辞書で見ますと、決して悪い意味ではなく、「他人の心をおしはかること」と出ています。トマトを作る農家、扱うJA長野県にしてみれば消費者に対する「忖度」があればこその美味しいトマトです。ですから、料理する人、贈る人、売る人、買う人、食べる人は忖度抜きでトマトを選べます。

佳作(7作品)

信州のトマトでのばす生命線         福井市  向日葵
農なしの国は滅ぶとトマト自慢        渋谷区  ありあけ
大好きなトマトで我が子皆勤賞        大分市  ぷよまま
売り切れのトマトを嘆く直売所        川崎市  湘路
長野産トマトでわが家長生きさん       奥州市  きょうたん
母の荷のトマトを包むローカル紙       横浜市  落穂
この味はおまえの実家のトマトだな      古河市  あべっち

たくさんのご応募ありがとうございました。

おいしい川柳に投稿する