JA長野県

毎週更新!

今週は、松本市波田の「スイカ」をプレゼント

今週は、南原(みなみはら)ファームから、スイカ「信州の夏休み-匠- 内使い用中玉(約7-9kg)」をお届けいたします。南原ファームは、長野県中部の上高地の入り口、松本市波田にあります。南原ファームの杉山さんは、昔からスイカの栽培が盛んな波田地区で、頑固一徹の栽培方法とこだわりを持ってスイカ栽培に取り組んでいます。

 

シャリッとしてあま〜い!
「スイカ」をプレゼント

「信州の農畜産物って食べたことがない」とか「一度この商品を食べてみたかった!」など気になる商品がありましたら、ぜひご応募を。そして召しあがってみて気に入ったら、さらにJAタウン「全農長野 僕らはおいしい応援団」でご注文ください。今回のプレゼント商品以外にも、さまざまな旬の新鮮な食材をお取り扱いしています。

ご注文は JAタウン「全農長野 僕らはおいしい応援団」へ

南原ファーム
スイカ「信州の夏休み-匠- 内使い用中玉(約7-9kg)」

子どもにやさしく、環境にやさしいスイカ作り

南原ファームのこだわりは、園主・杉山さんのお子さんが、はいはいを始めた約20年前に遡ります。スイカ畑に子どもたちを連れていった杉山さんは、子どもたちが手にするものすべてを口に入れる様子を見て衝撃を受けます。このとき、「除草剤は使うまい、自分が作るものは安全でなければならない!」と決心したそうです。
杉山さんは、親としての愛情から、子どもにやさしく、環境にやさしいを第一に栽培を行ってきました。そして、「理屈抜きでおいしいスイカ!」を目指し、人がなかなか真似できないほどの情熱をスイカに注いでいます。たとえば、肥料にこだわった土づくりがあります。そして、「スイカと話しをすることです。話をすれば答えてくれるような関係にはなっていませんが、それでもいつかは答えてくれると思い、話しかけています」と杉山さんは言います。当然スイカは喋りません。熟練の農家の中には、作物の表情(色や成長具合)を見て、作物が何を求めているのか判断することができる人もいますが、杉山さんは、さらに上のステージを目指しているということなのでしょう。

おいしいスイカを作るために接木をし、肥料や栽培方法にも気を使い、丁寧に育てています
 

杉山さんの愛情と波田の気候が育てる
とびっきりおいしいスイカ

「信州の夏休み-匠- 内使い用中玉(約7-9kg)」
 

プレゼント賞品の商品名「信州の夏休み」は、南原ファームのブランドです。その中には、「匠(種あり)」「癒し(種が少ない)」という分類があります。お届けする「匠」は、縞無双という品種で、外観はバランスが良く、果肉の色は濃い紅色。果肉と果皮の境界線が明瞭です。果肉は繊維質が少なく適度に締まっていて、糖度が高くとびっきりおいしいスイカです。さらに、昼夜の温度差が大きく、日照量が豊富なスイカの名産地・松本市波田の気候が、味に磨きをかけています。

毎日たくさんのスイカを収穫します
 

波田のスイカをご贔屓の方はもちろん、初めて味わう方も、きっと南原ファームのスイカの「甘さ」には驚かれることでしょう。ぜひこの機会にお試しください。

※今回のプレゼントは「内使い用」になります。ごく軽微な変形・空洞・500円玉2個位の虫食いの跡・傷等がスイカの表面上にある場合がありますが、食味は贈答用と同等です。

「スイカ」のご注文はこちら

毎週!おいしい!プレゼントに
応募する

毎週!おいしい!プレゼントに
応募する

> これまでの応募総数と当選者の声

> 読者の疑問にお答えします

> 読者の疑問にお答えします

プレゼント当選者の発表

前回のプレゼント
"サンキューファームの「ブルーベリー」"
当選者は、
北海道札幌市  Y.S.さま
千葉県市川市  A.N.さま
長野県下伊那郡 E.I.さま

以上の3名様です。おめでとうございます!!
たくさんのご応募、ありがとうございました。



◆JAタウン"「ブルーベリー」のご注文はこちら"

トピックスの最新ニュース

一覧を見る

メールマガジンのお申込み

毎週1回、メルマガでアップデートのお知らせや楽しいニュースをお届けします。購読無料。

お申込みはこちら