JA長野県

毎週更新!

古民家をリノベートした天然酵母パン屋&カフェ(長和町)

信州のcafe

そのカフェは、県東部の東信地区と県南部の諏訪地区を結ぶ大門街道沿いにあります。パン屋さんが営むイートインカフェで、パン屋さんの名前は「むく堂」、カフェの名前は「Mukudo Cafe(むくどう・かふぇ)」といいます。

300年の伝統がある立岩和紙

信州のcafe

小さなわが子のために、と作りはじめた天然酵母パン。それを販売しようと、店主さんが小さなパン屋さんを始めたのが2010年。その後2015年10月に今の場所に引越し、リノベートしてMukudo Cafeを開いたのです。
「もともとカフェをやりたかったので。今では、その子も高校生ですよ」と店主さんは笑います。

信州のcafe

リノベートした古民家の玄関を入ると、和紙を貼った壁が目に入ります。入って左がパンの販売スペース、右側がカフェスペースになっていて、カフェには靴を脱いで上がります。壁に貼られた和紙は、長和町特産の立岩和紙。実は店主さんのご主人が、立岩和紙の紙漉き職人なのだそうです。光の反射で柔らかな風合いが生まれ、湿度を一定に保つ機能もあるそうです。

信州のcafe

信州産小麦を使った天然酵母パン

信州のcafe

信州のcafe

パンの販売スペースには、開店と同時に次々と焼かれたパンが並び、天然酵母ならでの素朴さと小麦の味わいが楽しめるパンを求めて、お客さんが訪れます。むく堂のパンは、信州産の小麦を中心に使用し、自家製有機レーズン酵母とホシノ天然酵母の2種類の酵母で作っています。

信州のcafe

信州のcafe

信州のcafe

信州のcafe

カフェでは、買い求めたパンのイートインスペースとしての利用はもちろん、お好みの具材を入れたサンドイッチも注文できます。具材の種類は、定番のベーコン、トマト、レタスのほか、その日のボードから選ぶことができます。パンもバケットタイプ、イングリッシュマフィンタイプから選びます。カンパーニュ付のスープは月替りで、写真はオニオングラタンスープ。バケットとチーズを入れて焼きあげた体の芯から温まるスープです。

信州のcafe

スイーツは、豆乳と甘麹のシフォンケーキ。甘さ控えめ、添えられたサワークリームもさわやかで、サッパリといただけます。

信州のcafe

信州のcafe

Mukudo Cafeの珈琲は、小海町の「珈琲焙煎工房2+1(にぷらすいち)」のオリジナルブレンド。コクとキレのある珈琲で、パンによく合います。そのほかのドリンクメニューは、紅茶や長和町産の100%りんごジュースなどがあります。

信州のcafe

信州のcafe

信州のcafe

信州のcafe

店内では、近くの蓼科高原にアトリエがある作家さんの陶器や、リネン生地のエプロンといった雑貨も販売しています。カフェの片隅に設置されている神棚には、ご飯ではなくパンがお供えしてあり、さすがパン屋さんだと納得。

「こんな場所だから、来ていただくには不便ですが・・・」と店主さんは笑います。
田舎のパン屋さんで、のんびりとカフェタイムはいかがでしょうか。

Mukudo Cafe

20180110cafe18.jpg
  • 長野県小県郡長和町大門278-1
  • TEL 0268-68-2969
  • 営業時間 10:30〜17:00
  • 定休日 日・月曜日
  • ■公共交通機関でのアクセス
    新幹線・しなの鉄道「上田駅」から、JRバス姫木平中央行き「新屋」バス停下車。徒歩0分。

トピックスの最新ニュース

一覧を見る

メールマガジンのお申込み

毎週1回、メルマガでアップデートのお知らせや楽しいニュースをお届けします。購読無料。

お申込みはこちら