JA長野県

毎週更新!

シンプルで心地いい欧風スタイルのカフェ(安曇野市)

信州のcafe

そのカフェは、安曇野の林の中にあります。脱サラし、東京から移住したご夫婦が、去年(2017年)10月にオープンしました。お店の名前は「cafe CREEK(かふぇ・くりーく)」。お店の横には北アルプスから流れる豊富な水量の水路(クリーク)があり、そこから名付けました。

木のぬくもりにアンティークが映える

信州のcafe

信州のcafe

店主さんご夫婦がこの地に移住したのが一年前(2017年)の1月。それから約10カ月かけて、ご夫婦で自ら塗装やインテリアを手がけ、アンティークを上手に利用してヨーロッパ調の店内に仕上げました。

信州のcafe

信州のcafe

入口を入ると左側がカフェになっていて、天井や床、テーブルや椅子に木のぬくもりを感じます。窓が大きく、キッチンとの仕切りもないため、店内は外光が入って明るく、お店の奥にある薪ストーブが、真冬のこの時期でも店内を暖めています。

オープンキッチンから生まれる大満足ランチ

信州のcafe

信州のcafe

カフェのランチメニューは、タンドリーチキン、ロールキャベツ、ハンバーガーの3種類。サイドメニューはパンと雑穀米から選べます。サラダやスープなどもついて、大満足のセットメニューになっています。

信州のcafe

信州のcafe

ドリンクメニューは、珈琲・紅茶・レモンジンジャーなど。珈琲豆は、松本市のFIFTY-ONE COFFEEでブレンドをしてもらったオリジナルのものを使用しています。苦味とコクがあり、それでいてスッキリとした飲み口の珈琲です。

信州のcafe

紅茶は、スティーブンスミスのブラック・ハーブ・ジャスミンの3種類があり、ポットでいただきます。

信州のcafe

信州のcafe

スイーツは奥様の手作り。ガトーショコラ、季節のタルト(取材時はイチゴ)、洋梨のタルトがあり、どれもおいしいスイーツです。

地元農産物で季節毎のおいしさを味わう

野菜や果物といった食材は、できるだけ地元のものを使うよう心がけています。「安曇野の野菜や果物はとてもおいしく、毎週直売所をかけ回って、季節毎の野菜を仕入れて、工夫してお出ししています」と奥様は笑います。
奥様はフレンチレストランで働いたことがあるそうですが、ご主人はそうした経験がなく、学校に通ってカフェの経営の勉強をしたり、知り合いのシェフの特訓を受けたのだとか。
仕切りのないキッチンですので、店主さんご夫婦と気軽に会話もできます。安曇野を散策したら、ぜひ立ち寄りたいスポットです。

信州のcafe

信州のcafe

cafe CREEK

20180207cafe15.jpg
  • 長野県安曇野市穂高有明7553-38
  • TEL 0263-87-5302
  • 営業時間 10:00〜日没まで(ランチタイムは11:00〜14:00)
  • 定休日 火曜日・第3水曜日
  • ■公共交通機関でのアクセス
    JR大糸線「安曇追分駅」からタクシー。
    または、「穂高駅」下車。安曇野周遊バス「夫婦岩」下車、徒歩3分。※安曇野周遊バスは冬季運休
    穂高駅前にレンタサイクルあり(安曇野ひつじ屋)。

トピックスの最新ニュース

一覧を見る

メールマガジンのお申込み

毎週1回、メルマガでアップデートのお知らせや楽しいニュースをお届けします。購読無料。

お申込みはこちら