JA長野県

毎週更新!

田舎で暮らそ。移住女子の就農奮闘記 Vol.1

移住後の田舎暮らしも、さまざまです。

移住後の田舎暮らしも、さまざまです。

「子どものころに家族で訪れた思い出の地・北信州に住みたい」。県北部の中野市で「地域おこし協力隊」として2年近く活躍してきた大阪出身の松野奈月さん。農業と切り離せない地域の生活や人との出会いを通じて、ついにりんご農家になる決意をしました。

奈月さん農事録

信州中野のシンボル「高社山」

はじめまして!
今月から1年間、中野市より農事録をお届けすることになりました松野です!
と言っても、この4月から長野県の新規就農里親制度を利用し、新たに農業研修を受けることになった、本当の本当のド素人です...
1年間でどこまで成長できるか⁉ あたたかく見守って頂けますと幸いです♪

 

第1回目なので、まずは簡単に自己紹介を(^^)

松野奈月(まつの なつき)
1986年6月9日生まれの双子座AB型
好奇心旺盛で、後悔するかもと思ったら行動せずにはいられないタイプ

実は私、大阪生まれ大阪育ちの生粋の関西人。
長野に来たのは一昨年(2015年)の夏。元々、幼い頃に家族旅行で長野へ訪れることが多く、いつかは長野に住みたいと小さい頃から思っていました。そして一昨年、意を決して移住。約2年間、中野市で地域おこし協力隊として地域に入って色々な活動をしてきました。とくに、中野市豊田地区との関わりが深く、その中で、色んな農作業を体験し、たくさんの農家さんと出会い、農家さんの農作物に対する想いや地域への想いを身をもって知り、私もここで農家、特にりんごをメインとした果樹栽培を生業として生きていきたい、と思うようになりました。それが、私が農家を志したきっかけです。

奈月さん農事録

相棒の「小太郎」です!

虫が大嫌いな私が、まさか農家になりたいと思うとは...
自分が自分に一番驚いています(゜-゜;)
でも、晴れの日は太陽を体いっぱい浴びて、雨の日は冷たい雨に打たれて、土の上を歩き、はしごに登って樹に触り、「生きてるなー!」と今まで感じたことのないような充実感を得られることに、今は一番幸せを感じています。

奈月さん農事録

 

作る品目は、りんごと桃!
りんごは主にふじ、桃は数品種作りたいと思っています。
この1年間里親研修を受け、来年の春には同じく県外出身者の旦那と二人で独立を目指しています。

りんごのこと、桃のこと、農村での暮らし、農業の楽しいところだけじゃなくて辛いことも含めて色々なこと、ありのままたくさんお届けできたらなーと思います!
1年間お付き合いのほど宜しくお願いいたします(*^^*)

奈月さん農事録

 

NOW特集の最新ニュース

一覧を見る

メールマガジンのお申込み

毎週1回、メルマガでアップデートのお知らせや楽しいニュースをお届けします。購読無料。

お申込みはこちら