JA長野県

毎週更新!

田舎で暮らそ。移住女子の就農奮闘記 Vol.10

移住後の田舎暮らしも、さまざまです。

移住後の田舎暮らしも、さまざまです。

「子どものころに家族で訪れた思い出の地・北信州に住みたい」。県北部の中野市で「地域おこし協力隊」として2年近く活躍してきた大阪出身の松野奈月さん。農業と切り離せない地域の生活や人との出会いを通じて、ついにりんご農家になる決意をしました。

奈月さん農事録

皆さま、明けましておめでとうございます!!
平成30年!なんとなくキリがいいので気持ちがいいですね(*´罒`*)
戌年なので、我が家の愛犬・小太郎も大活躍の予感!?
でも毎日、雪が降っても庭駆け回らずコタツでぬくぬく過ごしております。笑

 

旅立ったりんごたち

奈月さん農事録

手塩にかけたりんごたちは、ほぼ出荷も終わり、全国各地のお客様のお腹に入ったかなーと想像しながら、昨年の農作業を終えました。
畑はもうすっからかん。樹は葉っぱも落ち、丸裸で雪に埋もれております。
夏の青々とした元気な姿も好きですが、休眠期に入ってゆっくりしているりんご畑の景色も私は大好きです。
昨年は、自分たちでつくったりんごや桃を食べて下さった方々から色んなお言葉を頂き、本当に励まされ考えさせられた一年でした。
私が農業に関わってからずっと感じていたこと、「生産者の想いも味のひとつ」。
りんご一つに込めた想いごと食べて頂けるように、心を込めて作っていきたい。
初心忘るべからず!手を抜かず気を抜かず、日々成長し続けられるよう頑張ります!

 

就農に向けて

夫は2年間、私は1年間の里親研修を終え、今春ようやく独立自営を開始いたします。
就農まで後3カ月。
お互い農業への想いは強いので、こんな農園にしたい、こんなりんごを作りたい、こんな人に食べてもらいたい、という夢はしっかり共通したものがあるのですが、それを形にするというか...紙に書くというか...行政に提出するというか...
そういった提出書類の作成に悪戦苦闘しております(¨ ;)
あとは資金繰りの計算。全くの0からのスタートなので当然初期コストが相当かかります。
でもそれも覚悟の上。しっかりと稼がなくてはと身が引き締まります。
畑は、地域の先輩農家さんから引き継がせて頂き、目標規模を確保できました。
あとは健康な体づくり!この冬もちゃんと食べてちゃんと寝て、ちゃんと勉強します!

 

松野家の冬の贅沢

奈月さん農事録

元パティシエの夫が作ってくれた、りんごのタルト♪
1年中ずっとバタバタ忙しくしてるので、お菓子を作ってくれるのは今ぐらい(´Ι`)ノ
自分たちで育てた果物、とくにキズがついたり色づきが悪かったり商品としては良くないもので、加工品も自分たちで作って、旬の時期が終わってからもずっとお客様の近くに私たち農園の存在があるように、生食以外でも楽しんでもらえるように、そんなことができたらな...
という夢もあります!

不安なこともたくさんありますが、元気があればなんでもできる!
本年も皆さま、どうぞよろしくお願いいたします<(_ _)>

 

NOW特集の最新ニュース

一覧を見る

メールマガジンのお申込み

毎週1回、メルマガでアップデートのお知らせや楽しいニュースをお届けします。購読無料。

お申込みはこちら