JA長野県

毎週更新!

旬の掘り出し物は何かな~ 初夏の直売所探訪:長野市

農と食をつなぐ直売所の旬を徹底取材!

農と食をつなぐ直売所の旬を徹底取材!

新鮮・安価・安心に加え、
ご当地ならではの「+α」があるのが直売所の魅力。
農業とおいしいものを愛する編集部が信州の東西南北をかけめぐり、
知る人ぞ知る穴場商品から噂の仕掛人まで、
信州の直売所の魅力をあますところなくお伝えします!

【直売所レポート! No.18】
農産物直売所「アグリながぬま」(長野市)

アグリながぬま

農産物直売所がにぎやかになってきました。旬の山菜もかなり入荷しているようです。山菜をどうしても食べたい場合、休みの日に山に分け入る方法もありますが、直売所ならよりどりみどりで旬の山菜が手に入ります。
「どうしても食べたい」と思ってしまったのはほかならぬ自分自身なので、いてもたってもいられず長野市近郊の直売所「アグリながぬま」に行ってまいりました。

直売所は、早い時間に行くべし

アグリながぬま

思いたったのが少し遅すぎました。(反省)
山菜の入荷について教えてくださったアグリながぬまの西澤さんによると、「タラノメ、コゴミはピークを過ぎたので入荷も減ってきていて、ほぼ午前中に売り切れてしまいますよ」とのこと。今回の訪問が昼近くだったので、残っていたタラノメは1パックのみでした。
それなら今の旬は? との質問に「根曲がり竹ですけど今日の分はすぐに売り切れましたよ。すごく人気だから」と、残念な答えを聞きながら隣の棚をチラリ。おー! おいしそうな淡竹が並んでいるじゃありませんか。淡竹も旬の味に違いないし、絶対おいしいですよね。

アグリながぬま

充実した売り場で今晩の主役を探せ!

その他にも旬のお買い得商品があるのでは、と西澤さんにおつきあいいただいてアグリながぬまを探索してみました。

まずはお目当ての山菜。

アグリながぬま

左から、のびろ、みつば、せり

せり。
これぞ田舎の味です。少し苦みが残ったおひたしはまさに大人の味。たまりませんよね。

うるい。
最近見かけることが多くなりました。おひたしや酢みそ和えが定番ですが、てんぷらや一夜漬けも旨いらしいです。

アグリながぬま

山ブキ。
今の時期の代表的な山菜です。様々な料理に使われる初夏の味。持ち込まれる量も多く、値段もお手頃なので狙い目です。

生産者オススメ!旬の食材&加工品が盛りだくさん

お次は野菜、その他を拝見。

今おすすめの野菜は? とお聞きすると「今はこれですね」と教えられたのがキュウリでした。キュウリか・・・。珍しくないし、どこでも売ってるし、と思ったあなた(実は私も一瞬)は認識が甘いです。直売所のキュウリをなめてはいけません。
西澤さんによると「ここに来る人は、ちゃんと生産者名を確認して買っていきますよ」というのです。すべて朝どりで、リーズナブルで、それぞれの生産者にファンがいるようなのです。これぞ直売所の醍醐味!

アグリながぬま

グリーンアスパラガス。
言わずと知れた今が旬の野菜。長野県は日本有数のアスパラの産地なのですから、どれをカゴに入れてもアタリです。

アグリながぬま

イチゴ。
この直売所はイチゴ栽培のハウスが併設されていることで有名なんです。1月から始まるいちご狩りはとても人気で、5月いっぱいで今シーズンが終了します。最後の3週間は入園料が安くなっています! ぜひ予約してみましょう。

アグリながぬま

お肉。
ここで売られているお肉は「信州オレイン豚」や「信州福味鶏」などの地元の優良ブランドが中心です。安心でおいしいお肉も直売所で。

アグリながぬま

この直売所の売り場は広く、キャベツやニンジンといった定番の野菜はもちろん、漬物や乳製品、うどんなど近隣から集まる加工品も、品ぞろえ・質量ともに充実しています。ぜひ一度お立ち寄りください。

農産物直売所 アグリながぬま

  • 長野県長野市穂保274-1
  • 営業時間 9:00~18:00(12月31日のみ9:00~15:00)
  • TEL 026-295-1093
  • 定休日 1月1日~1月4日
  • ※いちご狩りは予約をしていきましょう。TEL 0120-193-054
  • アグリながぬま

NOW特集の最新ニュース

一覧を見る

メールマガジンのお申込み

毎週1回、メルマガでアップデートのお知らせや楽しいニュースをお届けします。購読無料。

お申込みはこちら