JA長野県

毎週更新!

ルバーブのことをもっと知りたく思いました

rhubarb_1.jpg

美容と健康に敏感な方はすでにご存知でしょう、「ルバーブ」という名の新しい作物のことを。英語で「Rhubarb」と書きます。和名は「ショクヨウダイオウ」ですが、現在ではそのまま「ルバーブ」と呼ばれています。街の高級食材店や自然食品店などには、ルバーブのジャムが置かれているのももう珍しくはありません。肉食中心の食事をする欧米では、古くから食卓の必需品として広く栽培されていたのですが、生活スタイルの変化につれて日本でもようやく数年前からジャムなどとして広まりはじめ、バターや牛乳など乳製品との相性の良さが発見されるなどして、21世紀になると需要も急増しています。繊維質が豊富で、ビタミンCやカリウムやカルシウムも多いため、お通じを良くし、肌の調子を整える効果もあるのです。

rhubarb_4.jpg西洋人には必需品だった
ルバーブが育てられている信濃町は寒冷地で、冬は積雪の多いところですが、夏は涼しく、高原の爽やかさが感じられる緑溢れる静かな場所。「北信五岳」といわれる妙高、黒姫、戸隠、飯綱、斑尾の山々に囲まれるこの地には、野尻湖(のじりこ)という湖もあり、湖畔の国際村というところでは、夏場多くの外国人が避暑に訪れてのんびりと過ごします。

「実はこの地にルバーブを持ち込んだのは、避暑地を求めて野尻湖にやってきた外国人宣教師なんです。時代は大正から昭和のはじめ頃でしょうか、食事でよく肉を食べる彼らは、この繊維の豊富なルバーブの栽培を、地元信濃町の一部の農家の方に依頼をしてつくってもらったのが、この地がルバーブの産地となるはじまりだったんです」

rhubarb_5.jpg

信濃町の気候が適していたおかげで
口を開いたのは文雄さんです。「このルバーブの生命力の強さには驚かされます。年2回の堆肥と肥料を与える程度の作業で栽培がし易く、翌年時期になるとまた葉を茂らせて大きくなる多年草」というルバーブは、株分けをし、各家で畑に植えたことにより「今ではこの辺りのほとんどの家の畑の隅っこにはルバーブが2〜3本は植えられているのではないか、という程に広まった」と言います。もともとはシベリアの寒い地方が原産というルバーブ。「この涼しい信濃町の気候は適地だったようで、現在まで何十年もの間絶えることなく栽培は続いているのです」

あの植物はどうやって食べるの?
とはいえ、昔はこの地域の大方の人にとってももの珍しく、食べ方はもちろんのこと、ましてやその名称さえも定かでなかったそうで、「畑に植えられているあの大きな葉っぱはなんだろう?」といった感じだったのです。登江子さんは30年程前、国際村にお店があった当時、そこで売られていたルバーブを見つけ、「これはどうやって食べたらいいの?」と販売員に聞いたのですが、そのときにはお店の人からは確かな情報を得られず、謎を秘めたまま月日は流れました。

rhubarb_3.jpg

今から20年程前のこと、『信濃町の特産品であるブルーベリー以外にも、何か特産品となるものはないだろうか?』と考えて目に留まったのが、伊藤さんの畑で大きな葉を広げていたルバーブでした。以前から国際村の外国人と交流があり、そこで食事やお茶受けとして外国人から出されたソース状のものや、菓子、また菓子のつけ合せに出された「なにかあまり美味しく感じないもの」がルバーブであることはうすうす感づき、これが食べられるものであることは知っていたそうですが、問題はその食べ方。

そしてヨーロッパ風の食べ方の発見
「外国人がいろいろな食べ方をして楽しんでいるルバーブを、日本人の味覚に合うようにつくることに頭を悩ませました。熱を加えるとドロドロに溶けてしまい、あれやこれやと仲間と試行錯誤を重ねながらいろいろ試してみたなぁ」と文雄さんは当時を振り返ります。そうして完成したルバーブのジャムやジュースは、今から10年程前、テレビなどで「ルバーブが美容と健康に効果的」と報道されたのをきっかけとして、多くの人から注目されるようになり、また町での生産も増えていったといいます。

さらに信濃町の人がよく作るというのが"ルバーブのシロップ漬け"。この辺りではお茶請けに年中よく登場する一品ですが、その作り方を登江子さんに教えていただきました。ポイントは、ルバーブが熱に弱く溶け易いため、直接火にかけないことだそうです。

ルバーブのシロップ漬け

材料

  ○ルバーブ...1キロ
  ○砂糖...400グラム

作り方

(1)ルバーブは4センチ位の輪切りに切る。
   太いものは人指しゆびくらいの太さに裁断する。

(2)ルバーブの上に砂糖をふり掛けて、かき混ぜて置いておく。
  [しばらくすると汁が出てくる]

rhubarb_recipe.jpg

(3)ルバーブを取り出して、別の容器にとり、
   あとに残った汁を鍋に入れて火に掛ける。

(4)汁が沸騰したら火を止め、鍋の中に先ほどのルバーブを入れる。[ルバーブは火にかけると溶けやすいため、火にかけない]

(5)冷めたら再び汁だけを火にかける。

(6)上記(4)〜(5)の作業を全部で3回繰り返して完成!


rhubarb_juice.jpg美容にもよく、身体の調子も整えてくれる
このシロップ漬けは、冷凍庫にいれておけば保存食として年中楽しめるそうですが、ただジャムやパイ作りに利用するだけでなく「夏場の昼寝の後には目覚めがシャキッツとするし、また冬場はコタツに入りながら食べるのもなかなかいいのよ。またルバーブを煮たあとに残った汁は、水で薄めてジュースとして飲んだり、凍らしてカキ氷のようにして食べるのも美味しいの」と登江子さんは、余すところ無くルバーブを堪能している様子でした。

「ルバーブは体や美容にいいから、どんどん食べた方がいいわよ」そのように登江子さんもお勧めのルバーブは、食べると「想像を超えた」美味しさにそのとりこになってしまう人も数多くいる程だとか。ジャムとしてヨーグルトに混ぜたり、パイの具として焼いたり、また肉等へのソースや薄くスライスして生のままサラダにしたりと、いろいろな食べ方を楽しめるようです。これから7月頭くらいまでと、涼しくなる9月の、年2回が収穫時期です。

ルバーブはどこで手にはいるの?
「農事組合法人・信州黒姫高原ファミリーファーム」(ぶんぶく亭)と、道の駅・しなの「ふるさと展望館」でそれぞれ生のルバーブやジャム、ジェラードなどとして販売をおこなっています。ふるさと展望館ではルバーブの通信販売もあります。この機会に、酸味の効いた今年とれたての新鮮ルバーブを、初夏の味覚として味わってみてください。


農事組合法人・信州黒姫高原ファミリーファーム
住所:長野県上水内郡信濃町大字富濃字針ノ木
電話:026−255−5570
FAX:026−255−2918
信州黒姫高原 ファミリーファーム ウェブサイト
直売ショップぶんぶく亭 ウェブサイト

道の駅・しなの「ふるさと展望館」
アクセス:上信越自動車道 信濃町IC降りてすぐ
電話:026−255−2900
FAX:026−251−7101
ふるさと展望館 ウェブサイト

農畜産物の最新ニュース

一覧を見る

メールマガジンのお申込み

毎週1回、メルマガでアップデートのお知らせや楽しいニュースをお届けします。購読無料。

お申込みはこちら